オイルプリングはどんなオイルが使えるの?

オイルプリングには、酸化していない植物オイルを使います。
植物オイルなら何でもOKなのですが、オーガニックの上質のものを選ぶと、味や香り・質感が良く続けやすいです。

オイルプリングに使えるオイル

古代インド健康法であるアーユルヴェーダでは、ヒマワリ油が使われていましたが、最近のオイルプリングでは、

  • セサミオイル
  • ココナッツオイル
  • オリーブオイル
  • インカインチオイル
  • アボガドオイル

などが人気のようです。

人気なのはココナッツオイルでのオイルプリング

最近は、ココナッツオイルの効能が注目されていますね。
料理に使ったり直接飲んだりすると健康維持ができるとか痴呆の改善に効くとも言われていて、多くのメディアにも取り上げられています。

オイルプリングでもココナッツオイルを使うと効果が高いと考えられていて、道端ジェシカさんもココナッツオイルを愛用しているそうです。

特に人気があるココナッツオイルはこのあたり。

こちらは少し買いやすいお値段。

 

香りやぬるぬるが苦手な方は、セサミオイル(ごま油)がおすすめ

ココナッツオイルは甘くて香ばしいヤシの実の香りが特徴ですが、どうしてもこの香りが苦手だったり、ぬるぬるしたオイルっぽい食感が嫌いだったりする方もいらっしゃいますよね。

そんな方には、サラサラで無臭のセサミオイル(ごま油)がおすすめです。

ごま油と言ってもお料理で使うごま油とは全く別物で、オイルプリングに使うセサミオイルは上質のゴマから絞ったオイルだけを新鮮なままパッキングしていますので、まるで水のようにサラサラで無臭・無香のオイルです。

特にこちらのセサミオイルは、セサミオイルの中でも香りが弱くサラサラ系なのが特徴です。

シムシムセサミピュアオイル

オイルプリングを始めてみようかなー、と思われている初心者さんは、こちらのオイルから始めてみるのがおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ