オイルプリングって何?オイルプリングとは

海外セレブから日本でもブームとなっているオイルプリング。

今更聞けない「オイルプリングって何?」という素朴な疑問に答えます。

オイルでうがいをする美容法・オイルプリング

オイルプリングとは、『オイルでうがいをする美容法』のこと。

元は、古代インドを発祥とするアーユルヴェーダの一つで、オイルを使った口腔ケア『ガンドゥーシャ』が由来となっています。
オイルでうがいをすることで毒素を引き出す「pulling(プリング)=引き出す」という意味で、「Oil Pulling (オイルプリング)」と呼ばれるようになりました。

ミランダ・カーやアカデミー賞受賞女優のグウィネス・パルトロウ、アンジェリーナジョリーもオイルプリングを実践しているそうです。日本では道端ジェシカさんが実践していることで有名。

「オイルでうがいをする」といっても「ガラガラ」するのではなく、オイルを口に含み「ぶくぶく」と口をすすぐ、という感じで行います。

1日1回10分~20分ほど、特に朝の時間帯にやると効果的だといわれています。

オイルでうがいをすることで毒素がオイルと一緒に排出され、デトックス効果があると考えられていて、口臭改善・味覚増進・歯周病ケアなど口腔ケアに効果があるほか、頭痛や不眠症、婦人科疾患などに効くという説もあります。
また、ぶくぶくすることで顔の筋肉が鍛えられてほうれい線が消えるなど美容にも効果があります。

「オイルプリングの効果」については、こちらのページで詳しく記載しています

オイルプリングのやり方

オイルプリングのやり方は簡単。

オイルプリングのやり方効果ココナッツオイルやセサミオイルなど植物オイルを大さじ1杯(15cc程度)口に含み、ゆっくりと口の中にオイルをいきわたらせます。

オイルでうがいをするといっても「ガラガラー」という喉のうがいではなく、「ぶくぶく」という口から頬のなかでオイルを転がすようなうがいをします。

ぶくぶくする時間は15-20分。なれないうちは3分もやっていると頬が痛くなりますが、慣れれば大丈夫。ゆっくりとリラックスして、続けましょう。

終了後は、ティッシュにオイルを吐き出します。
オイルプリングした後のオイルは「毒素」を多く含んでいますので、決して飲み込んではいけません。
また、環境への悪影響も考慮して排水溝には吐き出さず、必ずティッシュやビニル袋に吐き出すようにしましょう。

「オイルプリングのやり方・方法」については、こちらのページで詳しく

オイルプリングにおすすめのオイル

オイルプリングには、酸化していない新鮮な植物オイルを使います。
口の中に入れるものですし、デトックス効果も高いオーガニックのオイルがおすすめです。

最近は、香りが強く風味の高いココナッツオイルの人気が高いです。
特に人気なのは、コレステロールとトランス酸を含まないヘルシーなこちらのココナッツオイル。

by カエレバ

 

オイルプリングの初心者さんには、無臭でサラサラした使い心地のこちらのオイルがおすすめ。ぶくぶくするのもやりやすく、香りも全くないので抵抗なく始められます。

DSC_4909

>>シムシムセサミピュアオイル110ml

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ